マンション1棟買いにはメリットが満載|将来性のある投資

スーツで案内する女性

メリットは何か

集合住宅

土地の価値が残る

マンション1棟買いには、大きなメリットがあります。建物だけでなく土地を取得することができるという点です。建物というのは、経年によってどうしてもその価値が落ち込んでしまいます。10年以上たつと、建物自体の価値はほとんどなくなってしまう一方で、土地の価値は経年してもあまり変わらないことがほとんどです。マンション1棟買いの場合、土地の価値が残るため、将来的な資産運用にも選択肢が多くなります。もちろん、建物を修繕することで、経年によって価値の下がった物件でも、その価値を戻すことはできます。しかしマンション1棟買いであれば、そうした選択肢のほかに、土地付きの物件を売却することによって利益を出すというキャピタルゲインを狙うこともできるのです。

節税対策になる

マンション1棟買いのメリットは、他にも節税対策になるという点があります。たとえば、区分所有のケースと比べると、1棟買いの場合は土地も合わせて所有しているため、相続や贈与税対策として有効な資産になります。土地の割合が大きな資産は、より節税対策になるのです。さらに、マンション1棟買いにはリスク軽減の効果もあります。マンション経営の際、最も大きなリスクは空室です。空室があると家賃収入を得られなくなってしまうからです。この点も、区分所有と比べると違いが良く分かります。区分所有の場合は、部屋数が一つしかないため、空室があると収入がゼロになってしまいます。一方、一棟買いマンションであれば、一つや二つ空室があったとしても、部屋数が複数あるため、他の部屋の家賃収入で補てんすることが可能なのです。